« 本物として存在する | トップページ | 人間としての存在(弱者+強者) »

抑えつけられた感情

すっかりご無沙汰してしまいました。ブログがしばらく止まっていましたが、これからは週1回くらいでUPしますので、応援よろしくお願いします。

冬の足音が聞こえてくる今日この頃。先日出張で行った北海道では、真っ赤に色づいた樹々の上に真っ白の雪がうっすら積もり、まるで粉砂糖を振りかけたようでした。優しく舞う雪を見上げていると、胸にワクワクがこみ上げてきました。

 

 

“気になる子ども”の相談を受けることが時々あります。

先日も、ある保育士さんからの相談を受けました。

4才の女の子が、いつもイライラした様子で、落ち着かないけれど、どう対応したらよいのでしょうか?ということでした。

話を詳しく聞けば聞くほど、その子どもにある“怒り”が伝わって来ました。

その怒りの元がどこから来るのか、具体的な出来事は何があるのか・・などを聞くうちに、“その怒りはその子ども個人のものではないかもしれない”ということに気づきました。

そして、「そのお子さんのお父さんとお母さんは上手くいってますか?」と聞くと、その保育士さんはハッとして「上手くいっていません。お母さんが我慢しているみたいです。」と話してくれました。

その子の親御さんからの直接の相談ではないので、真実はわかりませんが、何かあるだろうと感じました。

 

私たち大人は“気になる子ども”というフィルターを通して見がちです。そして、どうしても子どもの“気になる行動”に焦点が当たりがちで、その行動をどうにかしようとします。

「なぜこの子はこうなのだろう?」

「何が原因でこうなるのだろう?」

と、原因探しや理由付けが始まります。

すると、その“気になる行動”にますますエネルギーを注ぐことになるので、その状態が続いてしまいます。

エネルギーは私たちが意識を向けた方に流れていくからです。

 

大切なのは、俯瞰して全体を観ること。

そして、一人ひとりの違いを認識し、その子の中にある感情を感じること。

 

どうしても私たちは表面的な“良い・悪い”で判断しがちです。

イライラしている子どもが目の前にいると、そのイライラしている様子が悪いとして、大人自身もイライラし始めて子どもを叱ったり、イライラを何とかごまかそうと、機嫌をとったり・・といったこともあるかもしれません。

それは子どものイライラに大人も反応している状態です。

ただ反応している自分がいる・・それだけですが、どうしても私たちは「このイライラは何のせいだろう」「このイライラをやめなければ(やめさせなければ)」などと原因探しをしたり何とかしようとすると、その“イライラ”にエネルギーを注ぐことになります。

 

その時に子どもの中にある感情は“イライラ”それだけです。

イライラしている子ども自身も好き好んで“イライラしている”訳ではなく、ただイライラのエネルギーに反応しているだけなのです。

そういう時は、子ども自身もどうしたらいいかわからない状態です。

 

 子どもや自分に、継続しているイライラや怒りがあるとき、何か表現しきれていない感情があるのかもしれません。

感情は表現されると消えます。表現しないように抑えると継続し、自分の中で膨らんでいきます。

その他の感情、悲しみや不安などもそれと同じです。

それらの感情を抑えようとすればするほど、継続し、心の中で膨張していきます。

 

冒頭の質問の“気になる子ども”は、怒りの感情がもう抑えきれないくらいまで膨らんでいるのではないでしょうか。

感情はエネルギーです。

その感情のエネルギーを認識することが大切なのです。

 

今の時代は、今まで隠してきた様々な感情・出来事などが表に出てきています。

家族の中で代々抑え付けられて来た感情や思いなども、一気に噴出していることがあります。その吹き出し口が子どもなのかもしれません。

そう考えると、その子どものイライラも、大人自身のイライラも、いじらずにそのままにしておくことができるのではないでしょうか。


Photo





******読んで下さっているみなさまへ******

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

ご感想やご質問などをコメントやメールでお送り下さい。

たくさんの方の心に響き、人生や子育ての場で活かせるような内容にしていきたいと思っていますので、みなさんからの声でこのブログも成長していくことができます。

 

また最近、お寄せいただくご感想やご質問から、ケースバイケースでお答えした方が良いと考えています。

Skypeやお電話でお話ししながら、次への一歩を踏み出すお手伝いさせて頂くこともできますので、ご希望の方は遠慮なく、下記メールアドレスへご連絡ください。

みなさんと一緒に取り組むことで、私も成長させていただいています。一緒に取り組んで行きましょう。

また、お知り合いの方へ拡散して頂けると嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

ご質問やご感想はこちらへ。

□ブログのコメント欄(公開させて頂きます)

□筆者へのメール : info@m-littletree.com  (公開しません)

 

new education LittleTree (ニューエデュケーション リトルツリー)は、子育てや保育・教育に関するワークショップ・研修などを提供しています。体験を通して気づきや学びが生まれるスタイルで講座を行っています。

ワークショップをして欲しい、話を聞きたい・・などのご要望があれば、企画段階から一緒に考え、アレンジもできますので、ぜひご相談ください。フットワークは軽いので、世界中どこへでも行きます!

問い合わせメール info@m-littletree.com  

 

<過去開催した講座例>

*専門学校内での講座(自然保育と新しい教育について)

*保育園にて保育士研修(自然の中での子どもの育ちと大人の関わり・園の理念と日常の保育を繋げるワーク・保育目標作成など)

*幼稚園での教員向け内部研修(自然の中での体験と関わりについて)

*子育て中のパパ・ママ向けワークショップ

*子ども子育て支援協議会全国セミナーでの講演

*森のようちえん全国ネットワーク養成講座

☆その他詳細は、ホームページをご覧ください☆

new education LittleTree ホームページ http://www.new-edulittletree.com

Facebookへのいいね!もよろしくお願いします!

https://www.facebook.com/morinoyouchien.littletree/

|

« 本物として存在する | トップページ | 人間としての存在(弱者+強者) »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抑えつけられた感情:

« 本物として存在する | トップページ | 人間としての存在(弱者+強者) »