« “最高の幸せ”のエネルギー | トップページ | 本物として存在する »

誠実に、感情を扱う

先日公園の中を歩いていた時、凄まじいセミの声に囲まれ、驚きました。一緒に話しながら歩いていた人の声も掻き消され、自分の声すら聞こえず、頭の中までセミに占領されてしまったようでした。その公園を抜けると急に静かになり、私の頭の中にシーン・・という静寂が訪れ、一瞬空っぽになったような体験でした。

 

 

少し前にこんな夢を見ました。

私はどこか広い敷地を歩いていました。疲れたので近くに積み上げてあった角材の上に腰を下ろし、休んでいると、その角材はクレーンで吊り上げられてしまい、ビル5階くらいの高さで止まりました。私は恐ろしくて身動きもとれず、声も出せずにすくんでしまいました。

その時携帯電話がなり、着信の画面を見ると仕事のクライアントからの電話でした。私はその電話を何事もないように平然と話していました。電話が終わった途端、恐ろしさに襲われ「キャーー!」と叫び・・目が覚めました。

 

この夢の体験から、咄嗟にネガティブな感情を押し殺し隠してしまう私なんだ…ということに気がつきました。

あまりにもリアルな夢で、この体験が私の中に残り、もしかしたらこのように自分の感情を押し殺しながら、人生を送っているのかもしれないと感じたのです。

そしてその夢を見た次の日、ある青年に会いました。その青年は、一人でいると“怖い”“寂しい”“不安”という感情に押しつぶされそうになる・・ということでした。そしてそれらのネガティブな感情を感じないように、しょっちゅう友だちと会ったり、誰かと出かけて気を紛らわせたり・・という生活をしていました。

でも、ネガティブな感情は膨らんで行くばかりで、どうしたらいいかわからなくなっているような状態でした。

そこで私の夢の中での体験を話すと、「ぼくも平気なフリをしているのかもしれない・・」と気づきました。

 

ネガティブな感情は、感じないようにしたり、見ないようにフタをしたり・・ということを自動的にしている私たちなのかもしれません。

特に男性は、「男の子なんだから泣かないの!」「男の子は強くないといけない」と育てられてきて、自分の弱い部分や感情を直視しないように生きているのかもしれないのです。

また、親から「いい子」に育てられてきた人も、ネガティブな感情…怒りや悲しみなどは“悪いもの”として、感じないようにしてしまうことがあります。

 

また、最近はポジティブシンキングが“良いこと”とされている傾向もあります。このポジティブシンキングは、ネガティブな感情や考えを出さないように、出さないように・・と思考で押し殺してしまいがちです。

押し殺した感情は、自分の中でどんどん大きく膨らみ、そのうち抱えきれなくなってしまいます。

 

感情もエネルギーです。

ネガティブな感情はマイナスのエネルギーとして、ポジティブな感情はプラスのエネルギーとして存在します。両方の感情を受け入れることが大切です。

 

私は子どもの頃、良く言えば感受性が豊か・・悪く言えば感情の起伏が激しい子でした。

今でも覚えているのが、自分が遊んでいたおもちゃを妹に取られてしまい、怒りに任せて「返せ!」と追いかけ、取っ組み合いになりました。その時親が「お姉ちゃんなんだから貸してあげなさい!」と、そのおもちゃは妹に渡されてしまいました。私は自分の怒りが収まらずに近くにあった物をバーンと蹴っ飛ばしたのです。それを見た親も激怒し、押し入れに入れられました。

その時期の私は、いつでも爆発しそうな怒りのエネルギーを抱えていました。

 

私はお人形ごっこが好きでよく一人で遊んでいました。ヒーローと悪者の戦いを演じて人形を戦わせたり、王子様とお姫様の物語を作ったりしていました。

そして人形を通して、怒ったり、泣いたり、喜んだり、悲しんだり・・と感情移入していました。

その当時の私は、怒りと何だか泣きたい気持ちが入り交じっていて、お人形ごっこを通してそれらの感情を発散していたんだということが今はよくわかります。

 

子どもの様子を表すことわざで「泣いたカラスがもう笑った」という言葉がありますが、昔の人は『子どもとはこういうものだ』と泣いたり、怒ったり、笑ったりしている子どもを、理由探しをせずにどっしり見守っているあり方がこの言葉から感じられます。

 

 

感情のエネルギーは理由があって出てくる訳ではありません。

怒りが出て来たら、そこに怒りのエネルギーがあるだけ。

悲しみが出て来たら、そこに悲しみのエネルギーがあるだけ。

感情が出てくると「〇〇のせいで怒っている」「◯◯だから悲しい」と理由づけしたがる私たちですが、感情と理由とは別なのです。

理由付けしている時は、思考で感情を作り出し、その感情がまた思考を刺激するというように悪循環している状態、これを“カーママナス”と言います。

 

感情が出て来たら、理由をつけず、ただそれを味わうだけにしてください。

怒りが出て来たら、ただその怒りを感じ、誰もいない海に向かって叫ぶとか枕を叩いたりしてエネルギーを発散してみてください。

(人へぶつけることはしないで下さい。)

悲しみが出て来たら、ただその悲しみを感じ、ハラハラと泣いてもいいのです。

「なんで怒ってるの?なんで泣いてるの?」と聞かれたら、「怒りたいから怒ってる。泣きたいから泣いてる。」と、理由をつけないことです。

ただ、その自分の感情を誠実に扱って、表現するということが大切です。

 

“自分の感情に誠実である”

このことが、自分を大切にすることに繋がります。

自分を大切にし、感情を味わっている人は、人を大切に、人の感情に寄り添うことができる人となります。

体験があるからこそ、共感が生まれます。

体験があるからこそ、人との繋がりが生まれます。

そしてまた、他の人の体験は自分の体験にも繋がり、様々な体験をすることが可能なのです。

「世界はひとつである」は、共感から生まれる・・ということを感じます。

 

今の時代に最も大切なのは、この体験から来る共感・繋がりなのではないでしょうか。


Photo


******読んで下さっているみなさまへ******

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

ご感想やご質問などをコメントやメールでお送り下さい。

たくさんの方の心に響き、人生や子育ての場で活かせるような内容にしていきたいと思っていますので、みなさんからの声でこのブログも成長していくことができます。

 

また最近、お寄せいただくご感想やご質問から、ケースバイケースでお答えした方が良いと考えています。

Skypeやお電話でお話ししながら、次への一歩を踏み出すお手伝いさせて頂くこともできますので、ご希望の方は遠慮なく、メールでご連絡ください。

みなさんと一緒に取り組むことで、私も成長させていただいています。一緒に取り組んで行きましょう。

また、お知り合いの方へ拡散して頂けると嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

ご質問やご感想はこちらへ。

□ブログのコメント欄(公開させて頂きます)

□筆者へのメール : info@m-littletree.com  (公開しません)

 

new education LittleTree (ニューエデュケーション リトルツリー)は、子育てや保育・教育に関するワークショップ・研修などを提供しています。体験を通して気づきや学びが生まれるスタイルで講座を行っています。

ワークショップをして欲しい、話を聞きたい・・などのご要望があれば、企画段階から一緒に考え、アレンジもできますので、ぜひご相談ください。フットワークは軽いので、全国どこへでも行きます!

問い合わせメール info@m-littletree.com  

 

<過去開催した講座例>

*専門学校内での講座(自然保育と新しい教育について)

*保育園にて保育士研修(自然の中での子どもの育ちと大人の関わり・園の理念と日常の保育を繋げるワーク・保育目標作成など)

*幼稚園での教員向け内部研修(自然の中での体験と関わりについて)

*子育て中のパパ・ママ向けワークショップ

*子ども子育て支援協議会全国セミナーでの講演

*森のようちえん全国ネットワーク養成講座

☆その他詳細は、ホームページをご覧ください☆

new education LittleTree ホームページ http://www.new-edulittletree.com

Facebook へのいいね!もよろしくお願いします!

 

|

« “最高の幸せ”のエネルギー | トップページ | 本物として存在する »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誠実に、感情を扱う:

« “最高の幸せ”のエネルギー | トップページ | 本物として存在する »