« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

“最高の幸せ”のエネルギー

先日ドイツのバウホフという場所にある森で開催された『世界木こりフォーラム』に参加してきました。

森の中はフワフワの苔のじゅうたんに覆われ、妖精でも出て来そうな、童話の世界のような森でした。そのフワフワの苔のじゅうたんの上に身を置くと、体が苔の中に吸い込まれ、キラキラとしたミクロの世界の静寂な森を体験しました。

 

 

先日、友人が

「なんだか最近、のどが詰まるような感覚があったり、胸の辺りに息苦しさがあったりして、何か病気じゃないかと心配」

と話していました。

私も少し心配になりましたが、友人の様子を見ていて、なぜか私の中に“大丈夫”という確信がありました。

しばらく話をしていると、友人があることに気づきました。それは「自分はこんなに幸せでいいのだろうか」と思っていて、そのことから身体の不調を作り出しているのかもしれない…ということでした。

 

このことだけを聞くと「幸せならいいじゃない」と思いますが、私たちはもしかしたら「自分は幸せ。何も心配事がない。」という状態を素直に受け入れることに抵抗があるのかもしれません。

例えば、友だちと話をする時に、自分が上手くいっていることよりも上手くいかないことを先に話したり・・

自分にとって最高のパートナーだと思っているのに、なにか不満な所を探し始めたり・・

『人の不幸は蜜の味』という言葉があるように、幸せを表現するのではなく不幸を表現する・・と自動的になってしまっているのかもしれません。

その幸せを否定することによって、病気やトラブルを自ら作り出していることもあるのではないでしょうか。

 

東洋医学やカイロプラクティック、キネシオロジーなどでは、心と体は繋がっている・・と言われています。

どこか身体の不調が現れる時、心の中で何かが引っかかっていて、思考で作り出していることがあるのです。

今回の友人の体調不良は、自分でも気づかない間に“幸せではない状態”を作り出そうとしていたのかもしれません。

 

神智学では、私たちの身体は3つの体で成り立っているとされています。

まずは、肉体。普段私たちが“自分”と呼んでいるこの物質的な体のことです。

次に、感情体という、感情のエネルギー体です。悲しみや喜び、怒りや憂いなど様々な感情のエネルギーが私たちにはあります。

最後に、思考体という、思考のエネルギー体です。頭の中で考えていること、過去から作られた経験や記憶、勉強などで得た知識などが、エネルギーとして私たちにはあります。

これら3つのエネルギー体で私たちは存在しています。

 

私たちが“自分”と呼んでいるのは、この肉体のことであったり、時には感情そのものを“自分”にしていたり、思考や意見が“自分”であると思い込んでいることもあります。

 

 

“幸せ”はどの“自分”が感じているのでしょうか?

何か欲しい物を手に入れたり、お金持ちになったりすることで感じるのでしょうか?

何かを達成し、成し遂げる事によって感じるのでしょうか?

 

もっともっと・・という欲求は、自分だけ・・自分の家族だけ・・という、利己的な感情と思考から来ています。

これを達成したら、成し遂げて偉くなったら・・という欲求は、自己満足や賞賛を得たいという、やはり利己的な欲求から来るものです。

 

私たちが“自分”と呼んでいる、肉体・感情・思考でつくり出された“幸せ”は、往々にして利己的であることがほとんどです。

 

では、肉体・感情・思考ではない“自分”とは、何でしょうか?

 

この“肉体・感情・思考の自分”を生きているのが、“いのち”です。

大きな存在としての“いのち”=“セルフ”が“自分”を生きています。

“肉体・感情・思考”の“自分”を通して、“セルフ”が体験し、成長する人生を歩んでいます。

 

“最高の幸せ”とは、“セルフ”のエネルギーがエゴ(自我)を通して表現されていることなのです。

心の底から、“今・この瞬間”を楽しみ・喜んでいる状態がセルフとエゴのアラインメント(一致)している状態で、それが“最高の幸せ”です。

 

その“最高の幸せ”を感じているとき、人はそれを分かち合いたくなるでしょう。

“最高の幸せ”のエネルギーは、分かち合いの世界を創り出すパワーの源となっていくのです。


Photo


******読んで下さっているみなさまへ******

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

ご感想やご質問などをコメントやメールでお送り下さい。

たくさんの方の心に響き、人生や子育ての場で活かせるような内容にしていきたいと思っていますので、みなさんからの声でこのブログも成長していくことができます。

 

また最近、お寄せいただくご感想やご質問から、ケースバイケースでお答えした方が良いと考えています。

Skypeやお電話でお話ししながら、次への一歩を踏み出すお手伝いさせて頂くこともできますので、ご希望の方は遠慮なく、下記メールアドレスへご連絡ください。

みなさんと一緒に取り組むことで、私も成長させていただいています。一緒に取り組んで行きましょう。

また、お知り合いの方へ拡散して頂けると嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

ご質問やご感想はこちらへ。

□ブログのコメント欄(公開させて頂きます)

□筆者へのメール : info@m-littletree.com  (公開しません)

 

new education LittleTree (ニューエデュケーション リトルツリー)は、子育てや保育・教育に関するワークショップ・研修などを提供しています。体験を通して気づきや学びが生まれるスタイルで講座を行っています。

ワークショップをして欲しい、話を聞きたい・・などのご要望があれば、企画段階から一緒に考える事もできますので、ぜひご相談ください。フットワークは軽いので、全国どこへでも行きます!

問い合わせメール info@m-littletree.com  

 

<過去開催した講座例>

*専門学校内での講座(自然保育と新しい教育について)

*保育園にて保育士研修(自然の中での子どもの育ちと大人の関わり・園の理念と日常の保育を繋げるワーク・保育目標作成など)

*幼稚園での教員向け内部研修(自然の中での体験と関わりについて)

*子育て中のパパ・ママ向けワークショップ

*子ども子育て支援協議会全国セミナーでの講演

*森のようちえん全国ネットワーク養成講座

☆その他詳細は、ホームページをご覧ください☆

new education LittleTree ホームページ http://www.new-edulittletree.com

Facebook へのいいね!もよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »