« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

“大丈夫”で在る存在

梅雨の合間の強い陽射しの中で紫陽花を見て「そろそろ終わりかな」と少し寂しい気分になっていました。でも雨に濡れてますます鮮やかに輝いている紫陽花から「まだまだ大丈夫だよ」という在り方が伝わってきました。

 

 

約1年前から毎週1回電話でサポートしている保育士さんがいます。その週にあった出来事やその時の状態を聴く中で、毎回彼女の成長が感じられ、サポートしている私には感動と喜びがあります。

この前、ふと自分の伝えている言葉を思い起こしてみたら、ただただ“大丈夫”を伝えているのでした。

何かやり方を教えている訳ではなく、何かの解決法を伝えている訳でもなく、ただ「大丈夫」という確信から言葉している私なのです。

その感覚は、彼女には乗り越える力があるということを私はすでに知っている、そしてそこに立ち続けている・・というものです。

どんなに彼女自身が揺らごうとも、私は“大丈夫”の確信あるので、「大丈夫」だけが出て来るのです。

 

この「大丈夫」という言葉こそ、魔法のような言葉だと感じています。

様々な映画の台詞や歌詞の中にも「そのままで大丈夫」「Its gonna be alright(なんとかなるさ、大丈夫)」「Everythings gonna be alright(全てうまくいく、大丈夫)」という言葉が多く含まれています。

「大丈夫」という言葉には、パワーがあります。

 

自分の中に漠然とした“不安”が出て来たり、何か行動する時に“恐れ”が出て来た時、「大丈夫」という言葉で心が救われることがあります。

“不安”“恐れ”があっても大丈夫。

どんな自分であっても大丈夫。

そんな風に人から言われたり、自分で自分に言い聞かせたりすることで、存在そのものを受け入れる・受け入れられる体験となります。

 

自分だけではありません。

他人に対しても同じです。

「あの人はいつも仕事が遅くて・・」

「なんでこんなこともできないの!」

「この人は何度言っても同じ事をするんだから・・」

と、パートナーや子ども、同僚・上司など、生活や仕事で密接に関わっている人に対して、このような文句や要求が出てくることもあるでしょう。

 

他人の出来ないこと・間違え・欠点を見つけることは簡単です。

でも相手を変えたり、直したりすることは、お互いの成長を止めてしまいます。

今の時代は、自分にも相手にも『大丈夫』なあり方でいるとき、共に育って行くことができるのです。

 

『大丈夫』なあり方でいると・・

「これはこうするんだよ。」と教えるよりも「これはどうしたらいいと思う?」とその人の考えを引き出す関わりに・・

「何度も教えてるのになんで出来ないの?」という言葉を投げるより「大丈夫。もう一回やってみよう」という力づけの言葉に・・

「なんでもっと早くできないの?」と問うより「どういう風にしているの?」と相手に寄り添う問いに・・

ポイントは『大丈夫』と無理に思ったり言ったりするのではありません。

自分も相手も“どうであっても大丈夫だ”と、どんなことにも『大丈夫』という楽観的な“確信”が生まれます。

 

 

この『大丈夫』なあり方を実践するには、もうひとつ大切なポイントがあります。

それは、“自分の成長のために実践する”ということを知っていることです。

私たちは「あなたのために・・」とか「子どものために・・」などと言うことが多々ありますが、それは相手を“コントロールしたい”“変えたい”“直したい”というエネルギーが混ざります。

相手(他人)を変えたり、直したりすることはできません。

でも、自分が成長することで、相手に影響を与えることはできるのです。

「大丈夫だよ。思うようにやってごらん」と自然に言えたら、

「今、怒ってるんだね。悔しいんだね。それを出しても大丈夫だよ。」と感情を丸ごと受けとめれたら、

「失敗しちゃったのね。忘れちゃったのね。大丈夫、大丈夫」と失敗をも承認できたら、

それは、とても大きな器になっている・成長している自分が手に入ったという証拠です。

自分の成長の実感が人生の喜びなのです。

『大丈夫』の確信を持って、一緒に成長していきましょう。

 

私たち一人ひとりが自分自身の内面の成長に取り組んで行くことが、

自分の周りの人へ、世界へ、地球の裏側へも・・影響を与えます。

こうして、人類みんなで進化の道を歩んでいるのです。

Photo

 ☆ワークショップのおしらせ☆

new education LittleTree 主催の子育てワークショップを開催します。

『子も親もありのまま 子育てワークショップ』

様々な子育て方法や情報に振り回され、何が自分と子どもに合っているのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。今回、2つのテーマ・別日程で新しい視点の子育てを提供するワークショップを企画しました。自分と子どもが心地よい子育てを一緒に探してみませんか?

※どちらか1日だけの参加でも大丈夫ですが、両日ご参加されることをお勧めします。

第1回目テーマ:『子どもも大人もありのまま』

 7月2日(土)13:30〜15:30   @クリエイトホール8階 保育室

第2回目テーマ:『これでいいのだ!子育て』

 7月16日(土)9:30〜11:30   @クリエイトホール9階 和室

場所:八王子クリエイトホール 八王子駅から徒歩4分

参加費:2,000円/1回  ※乳幼児同伴OK  託児はありません。

お問い合わせ・お申込み

以下のメールアドレスへ、①お名前 ②お子さまの年齢 ③お子さま同伴の有無 ④電話番号 ⑤参加希望の日程 をお知らせ下さい。

info@m-littletree.com

お近くの方、ぜひご参加下さい。お待ちしています!

「子育てワークショップチラシ」をダウンロード

******読んで下さっているみなさまへ******

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

ご感想やご質問などをコメントやメールでお送り下さい。

たくさんの方の心に響き、人生や子育ての場で活かせるような内容にしていきたいと思っていますので、みなさんからの声でこのブログも成長していくことができます。

また最近、お寄せいただくご感想やご質問から、ケースバイケースでお答えした方が良いと考えています。Skypeやお電話でお話ししながら、次への一歩を踏み出すお手伝いさせて頂くこともできますので、ご希望の方は遠慮なく、下記メールアドレスへご連絡ください。

みなさんと一緒に取り組むことで、私も成長させていただいています。一緒に取り組んで行きましょう。

また、お知り合いの方へ拡散して頂けると嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

ご質問やご感想はこちらへ。

□ブログのコメント欄(公開させて頂きます)

□筆者へのメール : info@m-littletree.com  (公開しません)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

new education LittleTree (ニューエデュケーション リトルツリー)は、子育てや保育・教育に関するワークショップ・研修などを提供しています。体験を通して気づきや学びが生まれるスタイルで講座を行っています。ワークショップをして欲しい、話を聞きたい・・などのご要望があれば、企画段階から一緒に考える事もできますので、ぜひご相談ください。フットワークは軽いので、全国どこへでも行きます!

問い合わせメール info@m-littletree.com   

 <過去開催した講座例>

*専門学校内での講座(内容:自然保育と新しい教育について)

*保育園にて保育士研修(内容:自然の中での子どもの育ちと大人の関わり・園の理念と日常の保育を繋げるワーク・保育目標作成など)

*幼稚園での教員向け内部研修(内容:自然の中での体験と関わりについて)

*子育て中のパパ・ママ向けワークショップ

*子ども子育て支援協議会全国セミナーでの講演

*森のようちえん全国ネットワーク養成講座(内容:乳児の自然体験、発達心理学からみた自然の中での子どもの育ち、森のようちえんでの大人の関わりと子どもの姿について・・など)

*保育園立ち上げのご相談・保育運営コンサルティング

*個人セッション(内容:マッピングでのカウンセリングなど)

☆その他詳細は、ホームページをご覧ください☆

new education LittleTree ホームページ

Facebook へのいいね!もよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個が活きるグループワーク

肌寒く感じた小雨の日、お花屋さんの前を通るとパッと目に飛び込んで来た黄色いひまわりの花。どんよりとした空の色とは裏腹に、鮮やかな初夏の色が突然私の中に飛び込んで来た体験でした。

 

 

先日、ある小学校の高学年向けの体験プログラムを手伝いに行って来ました。そこで目の当たりにした子どもたちの様子がとても心配になってしまいました。

それは、無表情、「しらない」「わかんない」「どっちでもいい」と無気力、周りの子から離れてわざと孤立する・・という姿でした。

体験プログラムの終わりに感想や振り返りを記入するという課題が出されると、すぐに取りかかり、あっという間に書き終えてしまう子がほとんどでした。それは、いつも書かされていて慣れている…といった様子でした。そこに書かれた内容は頭で考えたような“お利口さん”な文章ばかり。

でも数人は、説明をされても書くことが出来ない子もいました。その数人の書けない子は、体験プログラム中は生き生きとして取り組み、中にはリーダー的な存在の子もいました。

私が懸念を持ったのは、一人ひとりが違う感情や考えがあるはずなのに、何か“答え”があるかのように、みんなが一つの同じ行動をさせる・同じ事を考えさせる・・という教育で、子どもたちがまるでアンドロイドの様だったことです。

このような教育では、“個性”は“出る杭”として、打たれてしまうでしょう。

 

 

小学生のうちの一人とこんなやりとりをしました。

その子は、お弁当の時間が終わりみんなが移動し始めているとき、カバンの中をガサゴソ探りながら、私がゴミをまとめようとしていたゴミ箱の方へ歩いて来ました。

私「ゴミまだあるのかな?」

子ども「あ、はい。残したおにぎりが…」

・・と言いながら、ガサゴソガサゴソとお弁当が包んであったビニール袋からおにぎりを出そうとしていました。

その時、おにぎりを包んでいたラップが入ったビニール袋が下に落ちました。その子は、まだカバンの中をガサゴソしていたので、それを私が拾いあげながら

私「これ、捨てる?」

子ども「あ、どっちでもいいです・・」

私「これ、ゴミじゃないの?」

子ども「あ、はい」

私「お弁当ゴミが残ってたら臭くなっちゃうよ」

子ども「あ、はい」

 

初対面の私とのやりとりで、緊張していたのかもしれません。

もしかしたら、ちょっとコミュニケーションが苦手な子だったかもしれません。

でも、「どっちでもいい」という言葉が出て来たことに、私はちょっと驚きました。

ゴミは捨てるか捨てないかの2つの選択です。

中には、臭くなろうがどうであろうが、かわいいキャラクター柄のジップロックは持って帰りたいと言う子もいます。

まだ使えそうなお弁当箱ごと躊躇なく捨てる子もいます。

もちろん「どっちでもいい」という選択もあるかもしれません。

でも、その子の言葉は「どっちでもいい」という選択をしているようには聴こえず、自分で考える事を放棄しているように感じたのです。

 

 

本来、教育で大切なことは、自分は何を感じ、何を考え、どんな体験を今しているのか?を認識することです。

“みんなと同じように”と意識すればする程、“個”の意識が消えてしまいます。

『私は今、何を感じているのか?』

『私は今、どんな考えを持っているのか?』

『私は今、どうしたいのか?』

学校という集団では、このような“個”が尊重される場面が少なく、“みんなと同じようにできること”が第一に優先されるのでしょう。

 

“小一プロブレム”と呼ばれる、小学校に入ってからイスに座っていられない・・などの子どもが問題視される現実があります。

でも、本当にそれは“プロブレム(問題)”なのでしょうか。

大人がコントロールしやすい子どもの方が問題だと感じてなりません。

 

 

私たち人間は、他の人と分かち合える才能や資質を一人ひとりが自分の中に発見する力を持っています。

真の教育は、その一人ひとりの才能と資質に光をあて、その表現を手助けすることなのではないでしょうか。

 

アクエリアスの時代は、グループワークの時代です。私たちは過去2000年間、充分に“個”を確立してきました。

その“個”の特性を活かし、グループで底上げしていく時代なのです。

一人ひとりが違う才能・違う資質を持つ、多様な特質があるからこそ、豊かな社会となります。

 

新しい時代は、個々の体験と内面の成長を深め、多様性が融合することで大きな力となるのです。

仕事の分野でも、この多様性が活きるような新しい仕組みが生まれるのではないでしょうか。

今は、個々の能力や労力に対価が支払われています。

近い将来、個々の体験や成長にコミットした雇用が生まれ、それらの成果が総合的に会社の利益や結果となる・・こんな雇用が生まれるのではないかと思っています。

それは、一人ひとりが自分自身の力を存分に発揮し、わくわくしながら生きる、人生の意味と目的を見いだす一歩となるのではないでしょうか。

 

新しい世界は新しい教育によって創られる・・・そう信じています。

Photo

 

 ☆ワークショップのおしらせ☆

new education LittleTree 主催の子育てワークショップを開催します。

『子も親もありのまま 子育てワークショップ』

様々な子育て方法や情報に振り回され、何が自分と子どもに合っているのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。今回、2つのテーマ・別日程で新しい視点の子育てを提供するワークショップを企画しました。自分と子どもが心地よい子育てを一緒に探してみませんか?

※どちらか1日だけの参加でも大丈夫ですが、両日ご参加されることをお勧めします。

第1回目テーマ:『子どもも大人もありのまま』

 7月2日(土)13:30〜15:30   @クリエイトホール8階 保育室

第2回目テーマ:『これでいいのだ!子育て』

 7月16日(土)9:30〜11:30   @クリエイトホール9階 和室

場所:八王子クリエイトホール 八王子駅から徒歩4分

参加費:2,000円/1回  ※乳幼児同伴OK  託児はありません。

お問い合わせ・お申込み

以下のメールアドレスへ、①お名前 ②お子さまの年齢 ③お子さま同伴の有無 ④電話番号 ⑤参加希望の日程 をお知らせ下さい。

info@m-littletree.com

お近くの方、ぜひご参加下さい。お待ちしています!

「子育てワークショップチラシ」をダウンロード


******読んで下さっているみなさまへ******

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

ご感想やご質問などをコメントやメールでお送り下さい。

たくさんの方の心に響き、人生や子育ての場で活かせるような内容にしていきたいと思っていますので、みなさんからの声でこのブログも成長していくことができます。

 

また最近、お寄せいただくご感想やご質問から、ケースバイケースでお答えした方が良いと考えています。

Skypeやお電話でお話ししながら、次への一歩を踏み出すお手伝いさせて頂くこともできますので、ご希望の方は遠慮なく、下記メールアドレスへご連絡ください。

みなさんと一緒に取り組むことで、私も成長させていただいています。一緒に取り組んで行きましょう。

また、お知り合いの方へ拡散して頂けると嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

ご質問やご感想はこちらへ。

□ブログのコメント欄(公開させて頂きます)

□筆者へのメール : info@m-littletree.com  (公開しません)

 

new education LittleTree (ニューエデュケーション リトルツリー)は、子育てや保育・教育に関するワークショップ・研修などを提供しています。体験を通して気づきや学びが生まれるスタイルで講座を行っています。

ワークショップをして欲しい、話を聞きたい・・などのご要望があれば、企画段階から一緒に考える事もできますので、ぜひご相談ください。フットワークは軽いので、全国どこへでも行きます!

問い合わせメール info@m-littletree.com  

 

<過去開催した講座例>

*専門学校内での講座(自然保育と新しい教育について)

*保育園にて保育士研修(自然の中での子どもの育ちと大人の関わり・園の理念と日常の保育を繋げるワーク・保育目標作成など)

*幼稚園での教員向け内部研修(自然の中での体験と関わりについて)

*子育て中のパパ・ママ向けワークショップ

*子ども子育て支援協議会全国セミナーでの講演

*森のようちえん全国ネットワーク養成講座

☆その他詳細は、ホームページをご覧ください☆

new education LittleTree ホームページ http://www.new-edulittletree.com

Facebook へのいいね!もよろしくお願いします!

 

https://www.facebook.com/morinoyouchien.littletree/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“わたし”という軸

家の近くの公園を通ると、奥の方にたくさんの紫陽花が咲いていました。柔らかく淡いピンクや水色の花が遠くから見ると水玉模様のように見えました。その可愛らしい姿に惹かれ、思わず歩く速度がゆっくりとなった私。その瞬間、胸の奥に紫陽花色のパステルカラーがふわっと広がっていきました。

 

 

先日行ったワークショップの中で

「情報が溢れている世の中、どの情報を選ぶか・・一人ひとりが自分の軸を持つことが大切」という話をしたところ、この“軸”というキーワードに興味を持った方が多くいました。「〇〇が良い」「〇〇は良くない」と、あたかも“正しい答えはこれだ”と言わんばかりにメディアやネット上に溢れています。あれこれ試してみて、話を聞くうちに“私は何の情報を求めているのか?”を見失ってしまう人が多いようです。

子育てに“自分なりの軸”を持つことが大切な時代。

でもその“自分なりの軸”をどう持ったら良いのかわからないのが現状のようです。

 

前回のブログで書いた“肯定的に放っておく”を早速試しているというメッセージを読者の方から頂きました。

その中には

『自分は子どもをある程度自由に放っておいて大丈夫と思っているが、周りが心配して放っておいてくれない』

という話がいくつかありました。

 

『自分はこう思うのに、周りの理解が得られない』という悩みの多くは、ママ友だち、実の親や義理の親、その他周りの大人達から、子育てに関して何か助言されたり、注意されたり…ということによって、自分の子育てが“批判された”と感じて“軸”がぶれている状態です。

子育てだけではなく「周りの人の目が気になる」「他の人はどう思うだろう」と、他人が気になってしまう・・という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

自分で自信が無いと思っている分野では、特に“これでいいのかな”“他の人はどうしてるんだろう”と周りに意識が向きがちで、人から言われた一言を必要以上に重く受けとってしまうこともあります。

自分が自信を持って行動している時には、人がなんと言おうと推し進める・・人には相談せずに決めてしまう・・という経験はありませんか?

ところが子育てに関しては、自信を持ってこうだ!という人よりも、人の意見に心が揺らぐ人が多いのではないでしょうか。

 

子育ては、それぞれが初めての経験です。2人目、3人目・・と子どもが増えればベテランかというとそうではありません。子どもは一人ひとり違いますから、2人目には2人目の、3人目には3人目の、それぞれ初めての体験なのです。

そして子どもが成長するにつれて、小学生を育てる、中学生を育てる・・と初めての体験の積み重ねとなります。

保育士や幼稚園の先生も同じです。毎年、毎日、毎瞬…変化する子どもたちと向き合っているので、何年経験しても新しい体験なのです。

初めての積み重ねだからこそ、“不安”や“戸惑い”はあります。

その“不安”や“戸惑い”から、人の意見に心が揺ぐこともあるでしょう。

 

子育てに“正しい答え”というものはありません。子どもが十人十色なら、親も十人十色です。

答えは自分の中にあるのです。

 

自分が信じる子育てを試してみて下さい。

試した結果、どうだったか。

自分になにか気づきがあったか。

“うまくいった”“うまくいかなかった”

“子どもが嬉しそうにしていて自分も嬉しくなった”

“もう少しこうすればよかった”

“自分が楽しかった”“心地よかった”・・

などなど、いろいろな考えや感情が出てくるでしょう。

その自分の感覚を大切にすることで、自分なりの子育てが見えてきます。

周りの人からの助言は助言です。

その意見を取り入れるかどうかは、自分次第です。

 

“子育て”というと、子どもを育てるため…と思いがちですが、実際には親・大人が成長する機会でもあります。

“子ども”をどうにかするのではなく、“わたし”がどうしたいのか。

“ママ友”がこう言うからこうするのではなく、“わたし”は子どもにとってどうありたいのか。

“世間一般”ではこういうものだから…と考えるのではなく、“わたし”はどう考えているのか。

 

その“わたし”が明確になること…それは、思考に正直であり、感情に誠実であること。そのことが、人生の“軸”を創る上での大切なポイントです。

 

 

私たちの人生は、成長のプロセスです。

様々な出来事を体験しながら、内面の成長をし続けるのが私たちです。

今、苦しく思えている時でも、一つひとつコツコツと取り組むことで、気づくと通り抜けているものです。そしてその時は「よくここまで来たなぁ」と自分を誉めていいのです。

頂上は見えないけれど、一歩一歩、確実に登っている人生の山。一緒に山登りを楽しんで歩んで行きましょう。



Photo


******読んで下さっているみなさまへ******

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

ご感想やご質問などをコメントやメールでお送り下さい。

たくさんの方の心に響き、人生や子育ての場で活かせるような内容にしていきたいと思っていますので、みなさんからの声でこのブログも成長していくことができます。

 

また最近、お寄せいただくご感想やご質問から、ケースバイケースでお答えした方が良いと考えています。

Skypeやお電話でお話ししながら、次への一歩を踏み出すお手伝いさせて頂くこともできますので、ご希望の方は遠慮なく、下記メールアドレスへご連絡ください。

みなさんと一緒に取り組むことで、私も成長させていただいています。一緒に取り組んで行きましょう。

また、お知り合いの方へも拡散して頂けると嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

ご質問やご感想はこちらへ。

□ブログのコメント欄(公開させて頂きます)

□筆者へのメール : info@m-littletree.com  (公開しません)

 

new education LittleTree(ニューエデュケーション リトルツリー)は、子育てや保育・教育に関するワークショップ・研修などを提供しています。体験を通して気づきや学びが生まれるスタイルで講座を行っています。

ワークショップをして欲しい、話を聞きたい・・などのご要望があれば、企画段階から一緒に考える事もできますので、ぜひご相談ください。フットワークは軽いので、全国どこへでも行きます!

問い合わせメール info@m-littletree.com  

 

<過去開催した講座例>

*専門学校内での講座(自然保育と新しい教育について)

*保育園にて保育士研修(自然の中での子どもの育ちと大人の関わり・園の理念と日常の保育を繋げるワーク・保育目標作成など)

*幼稚園での教員向け内部研修(自然の中での体験と関わりについて)

*子育て中のパパ・ママ向けワークショップ

*子ども子育て支援協議会全国セミナーでの講演

*森のようちえん全国ネットワーク養成講座

☆その他詳細は、ホームページをご覧ください☆

new education LittleTree ホームページ http://www.new-edulittletree.com

Facebookへのいいね!もよろしくお願いします!

https://www.facebook.com/morinoyouchien.littletree/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »